富津シティロータリークラブ会員として東日本大震災被災地を訪問しました

立石煙火製造所

立石煙火製造所 トップ >>>  

 

富津シティロータリークラブ会員として東日本大震災被災地を訪問しました。

 

〇 訪問日 令和2年2月22日~23日

〇 主な訪問地 NPO法人みやぎ子ども養育支援の会、大川小学校、丸森町ボランティアセンター

〇 参加会員 高木 一彦(会長)、遠藤 和夫、阿部 信一、東 清三郎、和田 充敏、立石 泰之

 

NPO法人みやぎ子ども養育支援の会

宮城県の子ども達、特に震災の影響や生活支援の必要な家庭の子ども又は家庭に恵まれない(虐待

等)子どもの養育支援と障害児支援を目的として、小規模住居型児童養育事業(ファミリーホー

ム)・児童自立生活援助事業を行うとともに、子育てに悩む保護者に対する子育て相談事業、地域

の人々に対して、子どもの健全育成と障害児への支援に関する普及・啓発事業を行うことにより、

地域社会の児童福祉の増進・子どもの健全育成に寄与・障害児の支援と社会的理解を啓発すること

を目的とする団体。当クラブは震災翌年から現在に至るまで毎年支援をさせて頂いております。

昨年から「東日本大震災追悼花火in竹岡実行委員会様」「さくら会様」よりお預かりした義援金も

お渡ししております。

 

大川小学校

2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)に伴う津波が本震

発生後およそ50分経った15時36分頃、三陸海岸・追波湾の湾奥にある新北上川(追波川)を遡上し

てきました。この結果、河口から約5kmの距離にある学校を襲い、校庭にいた児童78名中74名と、

教職員13名中、校庭にいた11名のうち10名が亡くなりました。その他、学校に避難してきた地域住

民や保護者のほか、スクールバスの運転手も亡くなりました。学校の管理下にある子どもが犠牲に

なった事件・事故としては戦後最悪の惨事となりました。

 

宮城県丸森町ボランティアセンター

丸森町は台風19号による大規模な河川氾濫と土砂災害で死者10名、行方不明1名の犠牲者が出てし

まった町です。いま現在も多くの人達がボランティア活動に参加されております。災害ボランティ

アセンターは募金によって支えられている事の話をお聞きしました。

当クラブも義援金をおくらせて頂きました。

 

地域応援企業とは?
//tre-navi.jp/new-test/whats_chiikiouen.php


トレナビ 立石煙火製造所
   https://tre-navi.jp/tateishi

トレたて 立石煙火製造所
   https://tre-navi.jp/toremach/?cat=2228

《 トレナビ Facebook 》
   https://www.facebook.com/tradenavigation

 

☆お問い合わせ☆

有限会社立石煙火製造所

0439-87-0755

 

トレナビTOP >> 千葉県 >> 富津市 >> 立石煙火製造所 >> 富津シティロータリークラブ会員として東日本大震災被災地を訪問しました