エンジンがかかりづらい原因は?

アシスト

アシスト トップ >>>  

本格的に寒くなりましたね。

寒い日の朝は動き出すのも一苦労。

遅刻しそうになって急いでキーを回したら・・・エンジンがかからない!?

こんな時パニックになってしまいますよね。

エンジンを始動させるときにキュルキュルと音がしますが、その時に動いているのがセルモーターと言われるもの。

セルモーターはバッテリーから供給される電気で動きますが、寒い日にはバッテリーの性能(化学反応)が落ちるため、エンジンがかかりにくくなります。

また、エンジンオイルが寒さで硬くなることも原因として考えられます。

エンジンがかからないからといって何度もセルモーターを回すのはバッテリー上がりや故障の原因となってしまいます。

2~3回セルモーターを回してもエンジンがかからない場合、数分待ってから再度回してみましょう。

 

その他の部分が劣化・故障している場合もありますので、まずはご相談ください。

 

地域応援企業とは?
//tre-navi.jp/new-test/whats_chiikiouen.php


トレナビ アシスト
   https://tre-navi.jp/assist

トレたて アシスト
   https://tre-navi.jp/toremach/?cat=2108

《 トレナビ Facebook 》
   https://www.facebook.com/tradenavigation

 

☆お問い合わせ☆

株式会社アシスト

<自動車> 0120-704883 (なおしやさん)

<保険> 0120-893704 (はやくみなおし)

 

トレナビTOP >> 千葉県 >> 君津市 >> アシスト >> エンジンがかかりづらい原因は?