太陽光発電のQ&A

大真建設

大真建設 トップ >>>  

 

Q. パネルを設置するにはどのくらいの面積が必要ですか?

およそ太陽電池容量を10倍した値が必要な面積(m2)です。
例えば、10kWの太陽光発電システムを設置する場合には、10kW×10倍=約100m2(約30坪)の面積が必要です。

 

Q .どんなところに設置できますか?

建物の屋根、野立など様々な場所に設置できます。
太陽光発電システムは、建物の屋根や屋上だけでなく壁面にも設置可能です。また、遊休地などは小規模なものから、メガソーラー級の大規模なものまで土地の大きさに合わせて発電規模を選ぶことができます。基本的に太陽光が当たるところなら、どこでも設置可能です。設置を検討している場所でどのくらいの発電量が見込めるか知りたい方は、無料見積をご依頼ください。

 

Q .設置するのに届け出が必要ですか?

出力規模によって必要な手続が異なります。
50kW以上の太陽光発電システムは、電気事業法上は発電用の電気工作物(発電所)で、「自家用電気工作物」になります。そのため、電気主任技術者の選任ならびに保安規程の届出が必要となります。また、50kW未満であれば、電気事業法上は「一般用電気工作物」になり、電気主任技術者や保安規程の届出は不要です。当社では、本格的に小規模な産業用太陽光発電投資を検討されている方には、手続が簡単な「ソーラー投資パック50」をオススメしています。

 

Q. 10kW以下も扱っていますか?

投資用としてはオススメしていませんが、住宅用はあります。
固定買取制度では、10kW以上では固定期間が20年間ですが、10kW未満では10年間です。事業として太陽光発電に投資される場合は、10kW以上の設置をオススメしています。
また、ご自宅の屋根などに付ける場合でも、ローコストノウハウは有効ですので、ぜひ住宅用としてご活用ください。なお、住宅用太陽光(10kW未満)は、全量ではなく余剰買取になります。

 

太陽光発電システム導入をお考えなら

大真建設株式会社へご相談ください。

 

043-266-1117

 

地域応援企業とは?
//tre-navi.jp/new-test/whats_chiikiouen.php


トレナビ 大真建設
   https://tre-navi.jp/daishin

トレたて 大真建設
   https://tre-navi.jp/toremach/?cat=164

《 トレナビ Facebook 》
   https://www.facebook.com/treadnavigation

 

☆お問い合わせ☆

大真建設株式会社

043‐266‐1117

 

トレナビTOP >> 千葉県 >> 千葉市 >> 大真建設 >> 太陽光発電のQ&A