館林美術館企画展示「ものがたりの予感」・群馬県

群馬県


エドワード・バーン=ジョーンズ「ヤコブの梯子」『フラワー・ブック』1905年刊より

(画像提供:群馬県庁)

美術作品における「ものがたり」に注目し、イメージとことばの関係や、それにとらわれない
作者の自由な発想を見る展覧会です。
神話や説話のものがたりを念頭に作られた絵や彫刻にはじまり、文学の挿絵、花や動物を題材にした図鑑や
本の挿絵、ストーリーを想像させる不思議な絵など、当館のコレクションより版画、油彩画、
彫刻200点以上を4章に分けてご紹介します。

■会期
4月23日(土) ~ 6月26日(日)

■休館日 
月曜日(ただし5月2日(月)は開館)

■会場
群馬県立館林美術館(群馬県館林市日向町2003)

■開館時間 
午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

■観覧料
一般 620 (490) 円、大高生 310 (240) 円
*( )内は20名以上の団体割引料金
*中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方と介護者1名は無料

 

地域応援企業とは?
http://www.tre-navi.jp/new-test/whats_chiikiouen.php

《 トレナビ Facebook 》
https://www.facebook.com/tradenavigation

トレたて 群馬県
   https://tre-navi.jp/toretate/?cat=12