話題の聖地で地域文化を体験「仁淀ブルー体験博2021」・高知県

高知県公式

(画像提供:高知県観光振興部観光政策課) ※にこ淵

 

高知県は、細田守監督の新作アニメ映画「竜とそばかすの姫」で主人公の女子高校生「すず」が暮らす物語の舞台になっています。
中でも青々と澄んだ流れから『仁淀(によど)ブルー』と呼ばれ、水質日本一を誇る仁淀川の流域エリア6市町村(土佐市・いの町・仁淀川町
・佐川町・越知町・日高村)には劇中で登場するスポットが多く、映画の“聖地”として人気に。
源流の自然散策や土佐和紙、日本酒やジビエ料理といった地元ならでは文化にも触れられるとあって、
大勢のファンや観光客で賑わっています。

現在、流域6市町村の食や歴史、文化を体験してもらうイベント「仁淀ブルー体験博」が開催されています。
趣向を凝らした体験メニューが目白押しです。
11月30日(火)までの期間中、33の体験プログラムを実施。
フォトグラファーが案内する絶景撮影バスツアーや仁淀川流域の特産「夢甘栗」の栗きんとん作り、
滝しぶきや紅葉を楽しめる程野滝デイキャンプなど企画盛りだくさん。秋の行楽シーズンはぜひ、仁淀ブルーへ。

 

○開催期間
2021年11月30日(火)まで

○場所
仁淀川の流域エリア6市町村
(土佐市・いの町・仁淀川町・佐川町・越知町・日高村)

○イベントの予約、詳細はこちら
https://niyodoblue.club/

※新型コロナウイルスの状況により急遽変更の可能性がございます。
ホームページ等で最新情報や自治体情報等、必ずご確認ください。

 

地域応援企業とは?
http://www.tre-navi.jp/new-test/whats_chiikiouen.php

《 トレナビ Facebook 》
https://www.facebook.com/tradenavigation

トレたて 高知県公式
   https://tre-navi.jp/toretate/?cat=2938