島根県立石見美術館 企画展「杉浦非水 時代をひらくデザイン」の開催・島根県

島根県


(画像 島根県)

杉浦非水(1876-1965)は日本の商業デザインの近代化に大きく貢献した人物です。
明治41年(1908)から三越呉服店(後に三越百貨店)図案部主任をつとめ、同店の広告デザインを
一手に担ったほか、幅広い分野のポスター、雑誌の表紙、本の装幀など数多く手がけました。
明治時代末期から昭和時代中期のデザインをリードした非水の華やかでモダンなデザインは、
現在も私たちを魅了し続けています。本展では初期から晩年に至る非水の仕事を紹介すると
同時に、交友のあった画家の作品や非水が収集した資料の展示により、その全貌を振り返ります。

【会期】 令和3年7月3日(土)~8月30日(月)

【休館日】毎週火曜日

【開館時間】9:30~18:00(展示室への入場は17:30まで)

【会場】島根県立石見美術館 展示室D(グラントワ内)

【WEBサイト】http://www.grandtoit.jp/special/sugiura_hisui

 

トレたて 島根県
   https://tre-navi.jp/toretate/?cat=34