企画展「異世界と現世の交差点─富士山と考古学─」・甲府市

甲府市

(画像提供:山梨県庁)

 

富士山は、雄大で美しい姿から日本の象徴とも目される一方、歴史的にみると度重なる
噴火等の火山活動により形成された山です。
その活発な火山活動が生み出した神秘的な姿から、古くから信仰の対象として親しまれ、
富士山周辺の遺跡からはこうした噴火や信仰の歴史を物語る資料が数多く発見されています。

今回の企画展では、発掘された資料を通じて過去の噴火の様子を振り返り、
それらを源泉として形成された富士山の信仰史を明らかにするとともに、
世界遺産として未来に受け継ぐべき富士山の価値をご紹介いたします。

 

☆開催日時
2020年7月18日(土)~2020年8月23日(日)
午前8時30分~午後5時(入館の受付は午後4時30分まで)
新型コロナウイルス感染症の状況により、予定が変更となる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

 

☆開催場所
山梨県立考古博物館・企画展示室

 

☆料金
無料
ただし、常設展をご覧いただく場合は常設展観覧料が必要です。
常設展観覧料 220円(20名以上の団体は170円)
未就学児、小・中・高校生、65歳以上の方は無料です。

 

☆詳細はこちらをご覧ください↓
https://www.pref.yamanashi.jp/event/kouko-hak/0207/kikaku-summer.html

 

地域応援企業とは?
http://www.tre-navi.jp/new-test/whats_chiikiouen.php

《 トレナビ Facebook 》
https://www.facebook.com/tradenavigation

トレたて 甲府市
   https://tre-navi.jp/toretate/?cat=1397