紫外線を浴びる体内で活性酸素が発生します。

さくらクリニック

さくらクリニック トップ >>>  

紫外線を浴びる体内で活性酸素が発生します。

この活性酸素は人間の健康や美容に大敵となります。

そこで発生した活性酸素を抑えるためには、どのような栄養素が効果的なのか?

 

ビタミンB

美容に効果的な栄養素。

ビタミンB2は健康なお肌や髪の毛を作るには欠かせない。

がん予防にも効果的。

・レバー

・卵

・魚介類(うなぎ、さんま、かれい、ぶり)

・大豆(納豆、豆腐)

・乳製品(牛乳、ヨーグルト)

・葉菜類(ほうれん草、モロヘイヤ、アボカド)

 

ビタミンC

活性酸素を除去してくれる抗酸化作用があるので皮膚がん予防になる。

・果物類(オレンジ、レモン、アセロラ、イチゴ)

・野菜類(ブロッコリー、カリフラワー、ほうれん草、キャベツ、ピーマン、パプリカ)

・イモ類(じゃがいも、さつまいも)

 

ビタミンD

紫外線を浴びることによって骨を強くする(カルシウム)ために必要な栄養素。

・青魚(サケ、サバ、イワシ、サンマ、ウナギ、アジ)

・卵黄

・キクラゲ

・干し椎茸

・しめじ

・マツタケ

 

ビタミンE

活性酸素を除去してくれる代表的な抗酸化作用がある栄養素で、お肌の美容にも欠かせません。

また、ビタミンCはビタミンEの吸収を助けてくれるのでビタミンEを摂るときは、ビタミンCも一緒に摂ると効果的です。

・大豆製品

・植物油(ひまわり油、オリーブオイル、コーン油、サンフラワー油)

・小麦胚芽

・玄米

・胚芽米

・ごま

・落花生

・アーモンド

・鶏卵

・マーガリン

・ほうれん草

・魚介類(うなぎ、たらこ、サンマ、鯛)

 

ポリフェノール各種

・赤ワイン

・チョコレート

・大豆

・玉ねぎ

・ターメリック

・緑茶

 

B-カロテン

・にんじん

・パセリ

・しそ

・モロヘイヤ

・ほうれん草

 

リコピン

・トマト

 

このように見るとやはり野菜、果物を中心とした食生活が紫外線対策だけでなく美容や健康に非常に効果的だということがわかりますね。

バランスのとれた食生活で腹八分目を心がけましょう。

今回、紫外線についてお話しましたが、なんだかんだ言っても太陽の下で昼寝したり、スポーツをしたり遊ぶことはストレス解消になりますし、太陽の光をいっぱい浴びてフカフカになった布団で寝ると、とても気持ちよくぐっすり眠ることができますよね。

ですので、紫外線を浴びないように部屋に閉じこもるより紫外線対策(UVケア)を徹底して思いっきり楽しみましょう♪

 

地域応援企業とは?
//tre-navi.jp/new-test/whats_chiikiouen.php


トレナビ さくらクリニック
   http://www.tre-navi.jp/sakura

トレたて さくらクリニック
   https://tre-navi.jp/toremach/?cat=1947

《 トレナビ Facebook 》
   https://www.facebook.com/treadnavigation

 

☆お問い合わせ☆

さくらクリニック

0439-80-1110

 

トレナビTOP >> 千葉県 >> 富津市 >> さくらクリニック >> 紫外線を浴びる体内で活性酸素が発生します。